SOMPOリスケアマネジメント > サービスメニュー > CSR・環境

CSR・環境

概要

企業の価値は、財務的な側面のみならず、環境、社会、ガバナンス、すなわちESG(Environmental, Social, Governance)の側面を含めて評価されるようになり、これに応じて企業に期待される役割も変化を遂げつつあります。2010年(平成22年)11月にはCSR(Corporate Social Responsibility‐企業の社会的責任)の国際規格であるISO 26000が発行されるなど、企業がCSRに取り組み、ステークホルダーからの期待に応えることは、いまやグローバルな潮流となっています。
また、地球環境に目を向けると、地球温暖化、化学物質管理、土壌汚染、廃棄物処理などの問題が山積し、社会の持続可能性が脅かされています。企業による環境リスクへの取り組みは、競争上の差別化要因となる一方、土壌汚染などの環境事故が発覚した場合は、経営に重大な悪影響を及ぼします。
SOMPOリスケアマネジメントでは、企業のCSR・環境に関するリスクを低減させ、企業価値とサステナビリティ(持続可能性)の向上をはかりつつ、社会に貢献する経営を実現するための総合的なサポートを行います。

サービスメニュー

CSR

リスクマネジメント体制の構築やコンプライアンスの強化は、ガバナンスの強化に直結し、環境面、社会面でのCSRを実践する基礎となります。また、モノづくり産業を中心に発展してきた日本社会では、従業員や消費者を意識したリスクマネジメントは社会面でのCSRそのものであり、経営を維持する上でも必要不可欠です。
SOMPOリスケアマネジメントでは、リスクマネジメント体制の構築からコンプライアンス、CS・苦情対応、労働災害、製造物責任(PL)など、CSRに関連するリスクコンサルティングのノウハウを結集して、企業のCSRへの取り組みを支援します。


地球温暖化

地球温暖化が進展する中で異常気象、局地的大雨、台風等の自然災害の脅威が年々高まっており、CO2などの温室効果ガス(GHG)の排出削減が企業の重要な課題となっています。弊社は、バリューチェーン全体でのGHG排出量の算定および低炭素型商品・サービスの提供による社会全体でのGHG削減貢献量の算定を支援します。
また、CDP(旧名称:カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)の、回答作成支援や評価結果分析、環境対策に係る取組改善支援に対応しています。


環境マネジメントシステム(EMS)

環境マネジメントシステム(EMS)の構築から認証取得、運用、内部監査まで、実効性の高い環境経営への取り組みを支援します。 国際規格であるISO 14001、ISO 50001、またエコアクション21やその他グリーン物流など、様々な基準に対応したコンサルティングをご提供します。


環境法規制対応

環境関連の法令は多種多様なものが制定されており、昨今、地球温暖化や廃棄物、化学物質管理に関する法令は、新規制定や改正がなされ、規制内容が厳格化される傾向にあります。
これらの環境法令の情報を確実に把握し、対応することは組織のコンプライアンス上重要です。しかし、通常業務の繁忙や人事異動等により十分な対応が難しいこともあろうかと存じます。
弊社では、コンサルタントが環境法令の最新情報の提供、環境法令の対応実務の助言、実地調査などにより、環境法令順守管理を支援します。


環境経営

「環境経営」という言葉は一般的によく使われますが、この環境経営を構成する要素は多岐・多様にわたります。法令順守、人材育成、戦略、情報公開といった仕組み・手段、温暖化、廃棄物、化学物質、生物多様性といった環境問題の種類、また環境配慮設計や調達管理、環境社会貢献といった施策のような、さまざまな要素により環境経営は構成されています。
これら環境経営の構成要素の充足度や取組度合を評価し、貴社の環境経営のスパイラルアップを図るための課題分析を実施します。
また、金融機関では融資先企業等の環境経営の状況を評価し、金利優遇等を行う「環境融資」が環境施策としてありますが、この環境融資のための評価基準の策定や評価コンサルティングをご提供します。


温室効果ガス排出量検証

東京都では、エネルギー(燃料、熱及び電気)の使用量が3年連続で原油に換算して年間1,500キロリットル以上である大規模事業所に対して「温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度」が導入されています。また埼玉県でも、都同様に「目標設定型排出量取引制度」が導入されています。これらの制度では、温室効果ガス排出量、都内中小クレジット、都外クレジットの算定及び優良事業所基準適合等にあたって、登録検証機関による検証を受けることが必須となっています。SOMPOリスケアマネジメントは登録検証機関として検証業務を実施します。


CASBEE評価認証業務

近年日本でも建物における環境配慮への関心が高まっています。SOMPOリスケアマネジメントは、省エネや省資源、リサイクル、室内の快適性や景観への配慮等を評価するCASBEE(建築環境総合性能評価システム)の認証業務を実施します。


生物多様性

生物多様性の損失による人間活動や地球の持続可能性への影響が指摘されており、この問題は気候変動とならぶ国際的な環境問題として認識されています。生物多様性問題は、長期的な視点で考えると企業の持続可能性にも大きく影響するため、生物多様性に関する活動を戦略的に実施することは、将来的なリスク低減、ビジネス機会の増大、ステークホルダーからの信頼アップなど、企業価値の向上につながります。SOMPOリスケアマネジメントは、国際環境NGOの日本法人であるバードライフ・インターナショナル東京とのアライアンスにより、生物多様性に関する活動を評価しマネジメントシステムへ組み込むことを通じて、企業の生物多様性への取り組みを支援します。


環境関連研修

環境経営の推進に際しては、取り組みに携わる関係者の環境対策の理解と実践が必要なため、研修・教育による知識やノウハウの獲得、環境人材育成が重要となります。
環境問題・環境対策の基礎から、環境監査の実践、環境経営のあり方など、それぞれ環境経営に携わる関係者の役割・職層により、身に着けておかなければならない知識やノウハウは異なります。
効果的な環境経営を推進するために、貴社の実態とニーズに合った環境関連研修を提供します。


環境汚染リスク

社会適合性に欠ける操業によって環境汚染を引き起こした場合、ステークホルダーへネガティブメッセージを与えるだけでなく、汚染除去などのコストがかさみ、経営を圧迫することになります。こうした背景から、SOMPOリスケアマネジメントでは、有害物質などによる環境汚染リスクを把握するためのさまざまな評価・診断サービスを提供しています。


お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

オンラインでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

CSRに関する問い合わせ

03-3349-6828 受付時間:平日9:00~17:00

環境に関する問い合わせ

03-3349-5973 受付時間:平日9:00~17:00

SOMPOリスケアマネジメントは、CSR・環境に関するコンサルティング・サービスを提供しています。